FC2ブログ

今日の艦これ 迫真ジョンストン掘り部・丙の裏技

今回の冬イベントの掘り艦、ジョンストン。以前実装されたサミュエル・B・ロバーツの上位互換的な性能を持つ優秀な子です。ぜひとも入手しておきたいところ。

しかし今回の掘りマップE-3は甲での周回には向かないんですよね。
道中潜水幼女が2回登場し、対潜支援を出しても安定するとはとても言えません。またお馴染みのヌ改もいますし、水上電探を複数搭載しなければならないので艦隊の火力も下がってしまいボスのS勝利も難しい。
2ゲージでギミックもあるため丙でのリセット周回もかなりの手間。
あ、甲でクリアすること前提の話ですよ。丙クリアならそのまま突撃して、どうぞ。

そこで僕は考えた。丙でそもそもA勝利周回すればいいのでは?
天才だこりゃ。

ボスは一応火力調整をすれば丙でも昼戦撃沈なんてことはない性能なので、夜戦をせず帰還し周回すればリセットをせずに周回可能です。

よっしゃ、いってみましょう。

攻略編成_20190101-133757769

編成はこんな感じ。※クリックで拡大

第一艦隊はネルソンタッチの構成、第二はほぼ潜水特化。今回の掘りは、堀り後に甲で攻略することを前提としているので、使用する艦は攻略で使用する子をそのまま持ってきて構いません。
攻略時は金剛を武蔵に変えればそのまま行けそうですね。丙なので掘り時点では燃費を考えて金剛型がベター。

ルートはZZの潜水マスを経由する現状の最短ルートで固定。
ネルソンタッチはボスマスではなく、重巡のマスで消費すると事故率が軽減されます。


kancolle_20181230-144139653.jpg

武蔵を採用したりネルソンタッチを使ったりするとこういうことになるのでね。やりすぎはよくない。
場合によっては本当に昼戦でボスを倒して丙クリア、なんてこともあり得ます。
ボスマスの陣形は第二を使わないようにしましょう。

kancolle_20181230-182306302.jpg

これが丙での最終編成。
戦艦棲姫が2人になるので削り時と比べるとこちらの被害はかなり増えます。バケツ5個はみましょう。
また軽空母が1隻増えるので上の編成/装備では制空がとれなくなります。基地航空隊が1隻でも軽空母を潰してくれれば優勢を取れますが、まあゲージ破壊に来ているわけでは無いのでその辺はどうでもいいですね。


kancolle_20190101-135413577.jpg

基地航空隊は1部隊を東海に、他2部隊を陸攻に。
東海は潜水マスへ1つずつ投げ、陸攻はボスへ集中させます。東海部隊は空襲か割合撃墜でしか数が減らないので、よほど減らない限り補給は不要です。むしろ毎回補給しているとかなり資源を食ってしまいます。


道中、決戦ともに支援は不要。第2艦隊の対潜要員が足らないときのみ道中を対潜支援で出しましょう。








kancolle_20190101-121145499.jpg

そんなこんなでジョンストン掘れました。
81周したぞい☆
消費はバケツ200、燃料7万ほど。最初から甲掘りで良かったんじゃないですかね。途中から具合悪くなって、トイレでげぼ吐きながら年を越せました。ありがとう田中。



kancolle_20190101-141047223.jpg

じゃあ。これから甲攻略始めるんで・・・(瀕死)

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

今日の艦これ 二期EO海域4-5カレー洋リランカ島沖攻略

二期でルートが変更になったこの海域。
自分用のメモも兼ねて攻略をば。


ルートは2通り。

kancolle_20181203-185939162.jpg

①戦艦/空母4隻以下、速度高速+以上でA/C→D→H→ボスの道中2戦ルート

kancolle_20181203-184702933.jpg

②戦艦/正規空母3隻以下でA/C→D→H→K→ボスの道中3戦ルート


基本は①のルートを使用します。
①のデメリットは高速+化に伴う缶/タービンによる装備スロット圧迫と増設スロット前提なことなので、それを嫌う場合やスロットに別の攻撃/回避装備を搭載することを狙う場合は②のルートで。
②の艦種制限はあくまで正規空母に限った話なので、軽空母は数に含まれず、正空3+軽空1といった編成も可能です。



編成及び装備はこんな感じ。

攻略編成_20181203-204058783

正規空母3、軽空母1、航空巡洋艦2。制空値は224。優勢には207、最終で167必要なのでそれを満たします。
空母による開幕火力でキャリーする方法です。戦艦は使用しません。
このうちサラトガは固定。他は自由に。軽空母を正規空母に変更することもできますし、航空巡洋艦は重巡洋艦でもOK。

各艦の役割。
サラトガ→夜戦。
イントレ→制空と艦攻による開幕火力。
瑞鶴→艦爆(彗星二二型)による砲撃戦火力。
瑞鳳→同上及び先制対潜でDマスの敗北回避。
熊野/鈴谷→三式弾によるボス火力。

注意点としては、艦爆を積むと港湾棲姫へ攻撃しなくなってしまうので、夜戦担当のサラトガはもちろん、もう1隻程度は艦爆を積まない方が良い点。また、2戦目のHマスは単縦陣で戦艦が2隻出現するので、戦艦を使わないこの編成では射程長で戦爆連合CIが出せる艦が2隻程度ほしいところ。必然的にこんな感じの編成と装備になります。
瑞鳳によるDマス敗北回避は戦績云々ではなく、疲労の蓄積を抑えるためです。道中が短く、2戦目で撤退することもあるため1戦目で敗北してしまうと疲労の蓄積が非常に早まってしまうのです。



敵編成に関して。

1戦目は潜水艦。事故がないことを祈ります。

kancolle_20181203-184329711.jpg kancolle_20181203-194431892.jpg

2戦目は戦艦2隻と1隻の2パターンあり、それぞれ単縦陣と複縦陣の合計4パターンが存在します。複縦陣を引けるようにお祈り。

②ルートの場合は3戦目、輪形陣の軽巡棲鬼との戦闘。ただしツ級がいるためボーキが消し飛びます。


kancolle_20181203-195404363.jpg

ボスは港湾棲姫。純白の柔肌と肥大化した腕部の歪なコントラストいいよね・・・いい・・・




攻略編成_20181203-204234224

余談ですが②ルートで装備マシマシする場合、熊野と鈴谷は面白い組み合わせができるようになりました。
増設に8cm高角砲を搭載することでメインスロットの方から主砲を一つ減らし、WGか夜偵を積むことが可能です。夜偵(水偵)を積むと、8cm高角砲は副砲なので昼連撃はできませんが、1.3倍の弾着観測射撃は可能となります。昼戦での火力を若干上げつつ、ボスマスで夜間触接を狙えるように。またWGを2つ装備することで対地攻撃力を1つ装備した時の75から110まで上げることができます。夜戦でボスワンパンも狙える火力です。




以上、二期の4-5攻略メモでした。
ストレート攻略も十分期待できる海域となったので毎月攻略していきたいところ。

kancolle_20181203-194658631.jpg

卍サラトガ最強卍

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

今日の特撮 仮面ライダージオウ9、10話がとても良かったという話

現在放送中の仮面ライダージオウ。歴代の平成ライダーを巡る今作、最新のエピソードはオーズがメインでした。

~あらすじ~
アナザーオーズの力を手に入れた「檀黎斗」は突如として王を名乗り、日本からの独立を宣言。彼に興味の湧いたソウゴは黎斗の配下として取り入り、彼を観察することに。傍若無人な自称王の手先となったことでゲイツは改めてソウゴを敵と判断、敵対してしまう。
一方で黎斗の人質となっていた国会議員「火野映司」は同じく捕らえられた「泉比奈」と出会うことで黎斗を止めるべく動き出す。



元々エグゼイドより檀黎斗が登場するとのことで話題となっていた今回のエピソード。しかしいざこのエピソードの予告が公開されるとなんと画面にはオーズこと火野映司とヒロイン泉比奈の姿が。直前まで伏せられていたオーズのオリジナルキャストの出演にファンは沸き立ちました。
僕としては正直なところ嬉しくもあり辛くもある複雑な心境でした。最初にアンクが映司に手を伸ばしたこと、そして最後に映司がアンクに手を伸ばし、届かなかったこと。これはオーズにおいて最も重要なことであり、これがないオーズを見るのは好きだからこそ辛い。ジオウでの歴史改変されたたオーズを受け止めきれる自信がなかった。延いては作品自体を嫌いになってしまうかもしれなかった。

不安な中放送された9話。
檀黎斗神が今度は檀黎斗王として登場。お馴染みの「ヴァーーーーハッハッハッ」という笑い声と共に物語を荒らしまわります。もう何やっても面白いからずるい。
この世界での黎斗はバグスターウィルスが存在しないため永夢(その水晶の輝きがァ・・・)に才能を刺激されずゲームクリエイターとして燻っていました。そこへタイムジャッカーが現れアナザーオーズへと変貌するのですが、この遍歴を踏まえると今回の黎斗は上手いこと別人だけど同一人物として描けていたなと。
エグゼイド世界の黎斗は確かにクズでしたけど母親の一件で命の価値観に一家言あったり、溢れ出る才能による高い向上心があったりするために最低ながらも独特で人気のあるキャラクターの地位を築きあげました。ジオウ世界ではそれが丸ごとないんですよね。だから簡単に父親を殺すし、女の子にも手を上げる。またソウゴにも突かれていましたが、黎斗はパパ父親を見返すために王を名乗りだしたので特に王になってやりたいことがあるわけではないんですよね。頂点に立つことがゴール。皆を幸せにするために王様になりたいと言うソウゴとのうまい対比、そして反面教師として機能していました。



9話後半では黎斗王の配下になったソウゴとゲイツが敵対、戦闘にもつれ込みます。
ここの殺陣は視聴者が段々と感じてきていたソウゴの王の風格を一度答えとして見せてきた感がありましたね。
先に変身し攻撃してくるゲイツを生身でやりすごし、キックを利用しドライバーを回転/変身。首を掴んだり首に膝蹴りを入れたりと殺意の高い攻撃を繰り出します。またゲイツはアーマーを使用していないにも関わらずソウゴはすぐさまアーマーを使用。装着時も隙を見せず楽々とゲイツの攻撃をやりすごします。そしてビルドアーマーの必殺技でゲイツを拘束しキック。成すすべもなくゲイツはやられてしまいます。

アーマーを使用してないにしてもゲイツは本気で戦っていると思われるのに手も足も出ないほどソウゴの戦闘能力が上がっていることにも驚きますし、仲間だと思っているのに割と最適かつ最短のやり方でゲイツをボコボコにしてしまうソウゴの倫理観にも驚きます。以前のエピソードからそうですけど、ソウゴは目的達成のために最適で最短の手段をとり、その中で利用できる人物はすべて利用し自分自身も矢面に立つ。しかもそれで自分にマイナスの感情が向けられようとも「それはそれ」と完全に割り切ることができるクソつよメンタルの持ち主だったりするんですよ。これまでのそういった言動から視聴者は「あれこいつ・・・」と王の器をソウゴに見出しかけていたところにこの殺陣ですから、本当にそういった意図を持っての描写だったんだなとひとつ納得がいきましたね。



そうしてトドメに泉比奈と火野映司の邂逅ですよ。
オーズ本編での夢を叶え服飾デザイナーとなった比奈ちゃんも泣けるし、アンクと出会わず恐らく父親の伝手で国会議員となった映司にも泣ける。しかもその胸には赤い羽根が。もうね、卑怯すぎる。ジオウ本編ではこの赤い羽根に一切言及がない完全なファンサービスなのも卑怯。世界が改変されようとも映司とアンクは繋がっている、それを赤い羽根のただひとつで表現して見せるんだからもうたまらない。



しかしまだ不安は残る10話。
いよいよ映司達が本格的に行動を起こし始めます。
不安は的中し映司が国会議員になった経緯が明かされます。世界放浪中に紛争に巻き込まれ女の子を救えず自分だけ親の権力で助かった例の過去は変わっておらず、心は一度そこで乾いてしまっていました。それを踏まえたうえで彼は自分だけの力でどうにもならないことがあるからみんなと手を取り合っていこうという答えに辿り着き国会議員となったとのこと。アンクとの出会い、そして別れを経てオーズでの映司はこの答え/どこまでも届く俺の腕に辿り着いていたので、アンクなしでこうなってしまうのはファンとしてはしんどかった。映司に不幸でいてほしかったとは思わないけれど、答えを掴むときはアンクが傍らにいてほしかった。アンクの存在ってオーズファンには途方もなく大きくて、それを否定されるとね・・・

放送中少しげんなりしてしまいましたが、ここで思い出すことが一つ。前回火野映司こと渡部秀が客演で登場した映画のこと。予定にはなかったアンク/三浦涼介を無理やり出演させ、お話の辻褄を合わせるためにあれこれ口出ししまくり、ビルド&エグゼイドのはずがいつの間にかオーズ完結編にしてしまった闇のプロデューサー、それが渡部秀であることを。
主演にして一番のオーズファンであるこの男が我々下々のファンを裏切る行為をするはずがなかった。

ひとつはソウゴに渡したライドウォッチがタトバともう一つ、2号ライダーのバースではなくタジャドルだったこと。
タジャドルといえばもちろん、アンクのコンボですね。
そしてもうひとつ、〆の演出でした。
黎斗王の諸々が解決し映司と比奈ちゃんが分かれるときの一幕で、
「俺は何もしてないよ。“アイツ”と手を繋いだってことくらいかな」
「王様になりたいって人ですか?」
というやり取りがあるんですよ。これがオーズファンにだけ分かる仕掛けでくっっっっっっそエモいんです。
映司は良いところの育ちなので基本的に人を呼ぶときはさん/くん/ちゃんと敬称をつけるんですよ。ましてや初対面の人間をアイツなんて呼びません。比奈ちゃんの問いかけにも答えていませんよね。つまりアイツ=ソウゴではないんですよ。
しかも比奈ちゃんの問いかけに答える代わりに胸の赤い羽根に目をやるんですよ。そして我々には見えない何かを追うように視線を泳がせます。最終回で旅立った映司に付いてきた今はまだ見えない“アイツ”がそこにいるかのように。
もうほんとにね、渡部秀やってくれたなと。闇のプロデューサー敏腕すぎるわと。
アンクが存在していないにも関わらず、お話の終わりにはアンクかもしれない誰かと映司は関わっていて、だからこそ手を繋ぐという答えに辿り着いたわけです。我々がジオウの放送で見ていないだけで、アンクが確かにそこに存在したことになっている。
出演陣も製作陣もオーズ愛に溢れていてアフターサービスまで完璧だからオーズは最高なんだよなあ。

また、歴史が改変されても闇プロの力で収束したオーズ勢と、悪意だけが暴走してしまった黎斗とで良い対比にもなっていましたね。黎斗の場合は本編では見せられなかった深い部分にあったこやし破滅をアナザーエピソードとして垣間見れたのも面白かった。
黎斗が暴れてお話をめちゃくちゃにするのかと思いきや、オーズのアナザーアプローチがかなり秀逸で真っ当にオーズ編として完成されていた今回のお話。いやぁ、良かったなあ。やはり渡部秀監修のオーズは素晴らしい。






こりゃ相方もヤンホモになるわけですわ。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

今日の艦これ 7-1ブルネイ戦果稼ぎ

今月からまともに再就職活動を始めました。どうもkskです。

先週末から艦これ2期始まりましたね。HTML化とともに高解像度化、処理速度も向上しました。
また、作戦海域の大幅な変更が加わり、レベリング、定期任務ルーチン、戦果稼ぎ等これまでとは大きく変異しました。自分としては南西諸島、北方、東方とも固定ルートが発見され随分楽になったかなという印象。定期任務で羅針盤と戦うのは結構なストレスでしたからね。ただ、変更されていない第六海域をもう一度やらされたり5-5がやる価値がないくらい難易度爆上げになったのはふぁっきゅー田中って感じ。案の定6-4で躓いて心が折れました。基地航空隊2つ飛ばせるようにしてくれい。





さて本題。
戦果稼ぎの定番だった5-4が高難易度となり周回するには辛くなったんですよね。中央ルートなら以前よりも楽までありますけど、道中で夜戦マスを踏む関係で安定させるには道中支援が必要で、やはり消費が重い。
そんな中爆誕した戦果稼ぎマップがこいつ。

kancolle_20180820-141525153.png

ブルネイ泊地沖哨戒

水雷戦隊で周回可、安定性高し、戦闘も短い。
そしてなによりも、戦果を約3程度稼ぐことができる。
旧5-4が約2だったのでそれを考えると破格の数字です。
ボーキも使わない。神ゲー始まったな。



kancolle_20180820-142431323.png

ルートはこんな感じ。
潜水艦→燃料→水雷戦隊→潜水艦→潜水艦の順。



kancolle_20180820-142053731.png

これが編成。
軽巡1、駆逐4
駆逐4でもいけますが、燃料マスを踏まず、ボス前の羅針盤がランダムになってしまうので特別有利になったりはしません。
軽巡は雷巡でもいいらしいです。甲標的を搭載できることが戦力的に必須なので現状は阿武隈か由良になります。
推奨は由良由良は97レベルで四式ソナー+試製晴嵐を装備した状態で対潜先制が行えるようになるためです。晴嵐はたかだか搭載数2ですが、それでも駆逐艦を倒すことができるだけの火力は発揮してくれます。阿武隈よりも手数が1つ増えるので、長い目で見れば被害は大きく減ってくるでしょう。

装備は、
軽巡:甲標的、ソナー、ダメコン
駆逐:ソナー、ダメコン

これらは必須です。これが最低条件。
また、対潜先制を行えることも条件となります。
対潜先制が行えるのであれば装備は問いません。欲を言えばT字不利での撃ち漏らしを防ぐためにソナー+爆雷(投射機ではない)のシナジーが欲しいところ。

kancolle_20180820-143422295.png

また、全艦にダメコンも必須です。道中の水雷戦隊でそこそこ大破するため、残りの恐らく轟沈ダメージを受ける事はないであろう潜水マスへ進軍するために必要なのです。これがないとすぐに疲労がたまってしまい満足に周回できません。

ソナーによる対潜先制とダメコンが必須装備。ダメコンを増設スロットに装備するとして、スロットは2つ余ることになります。ここには自分の考えに応じて自由に装備を組み込むことができます。
爆雷→シナジーで火力UP
爆雷投射機→同上(爆雷より優先度低)
ソナー→潜水艦への命中率UP
主砲→水雷マスでの火力期待値上
電探→水雷マスでの命中率UP(優先度最低)
ドラム缶/大発→燃料マスの回収効率UP

僕がしばらくの間周回した体感の最適解はソナー、ソナー、主砲、増設ダメコンかなあといった具合。ソナーが改修されていれば雷撃回避率が上昇するのでモアベター。軽巡はもちろん由良で。


kancolle_20180820-141643273.png

ドラム缶を装備すると20~30の燃料が拾えます。まあ雀の涙ですが、かなりの回数を周回するでしょうからこの差が意外と大きかったりもします。



あとは疲労具合に応じて適当に旗艦を入れ替えながらひたすらぐるぐるです。
目指せデイ400。

個人的にはこの手法が一般的になってくれると演習相手がこの編成ばかりになって経験値おいしいです^p^ができるので流行らせコラ!

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

今日のプラモ FAガール 轟雷を作る

P8031009.jpg

『あなたには消えてもらう。私の過去と共に』



作ってました。
これ作ってる間にブキヤが轟雷改リニューアル版とかパイルバンカーとか発表してつらあじ。
kskです。

轟雷は以前も1度作りましたね。今回も初期キットを使いつつ、以前の轟雷を公式の改を踏まえた自分なりの改として製作。
関節の増強や頭部の後ハメなんかは前回と同じことをしているので記事では省略します。

んでは毎度のごとくしょうもない脳内設定書きつつ各部紹介など。





コトブキ社によって改造を施され兵器となった少女、轟雷(とどろき らい)。
精神的に安定しており、戦闘適性も優秀であった彼女は財団Bとの抗争において重要なファクターとなりつつあった。
そんな彼女の前に立ちふさがったのは槍を携えた黒いFAガール。その圧倒的な戦闘力に轟雷は成すすべもなかった。友軍の援護によりからくも退却に成功するが、友軍は壊滅。轟雷自身も右腕を失い、各部も深刻なダメージを受けた。
理想的なテストモデルであった轟雷を失うことを嫌ったコトブキ社は彼女の体を修復。また、精神の再調整を行い身体ダメージで脳死に近い状態にあった電子脳を復活させた。その際に今までの戦闘データを基にした戦闘思考の最適化が図られており、各武装もそれに倣って変更されている。




P8030984.jpg

カラーリングは黒い機体への雪辱を果たすべく、反転した白に変更されている。
武装もより直感的な操作を狙い手持ちから据え付けになった。こと失った右腕は丸ごと武装に置き換えられたため大きくシルエットが変わっている。
手持ち武装のオミットにより左手はフリーになったので、大型のパワーハンドに置き換え。手そのものを武器として運用できるだけの出力を確保した。
頭部のセンサーは形状を最新型に変更し続投。索敵はもちろん、電子脳の演算処理を一部補助する機能もある。



P8030988.jpg

左肩には簡易的なシールドを装備。
腕に取り付け、よりフレキシブルに防御することも可能。



P8030991.jpg

脚部は側面にブースターを増設。キャタピラが反動抑制装置に変更されたため、このブースターで機動力を補う。
膝カバーは以前のものよりも大型化しており、脚部へのダメージ軽減が図られている。
対Gアシッドナイフも計四本装備されえており、展開し膝蹴りの要領で使用される。


P8030993.jpg

反動抑制装置。
余談ですがこれもキャタピラと同じく設置性が上昇するのでスタンドなしで自立可能です。



P8031000.jpg

使用時は展開。大味化した武装の反動をここで制御する。



P8030997.jpg

背部に懸架したキャノンは前面に展開しそのまま使用可能。
反動制御能力の向上により高出力砲の運用が可能となり、戦車砲クラスのキャノンが搭載された。



P8030989.jpg

P8031001.jpg

腕部ショットクロー。
自在に動く3本の爪で対象を粉砕する。それ自体にブースターが取り付けられており、機体速度に関わらず威力を上乗せできる。



P8031003.jpg

クローには杭の射出装置が内蔵されており、必殺の一撃を放つことが可能。
主にクローで敵を拘束し、敵の中枢へ直接杭を叩き込む戦術がとられる。








P8031013.jpg

そんなわけで轟雷でした。
今回は自分なりの轟雷改をイメージして作成しました。脚部にニーサンのパーツを使用したりワイルドハンドを使用したりで全体的なシルエットは崩さず、ハッタリを増してみました。
あとMSGごちゃまぜで作ったパイルクロー。もう少しスマートにしたかったのですがあれよあれよという間に巨大化してしまった。MSG力はもっと高めないといけませんね。

久々のFAガール、やっぱり楽しいですね。ちょっと手を加えるだけで自分の子になる。メカプラモを改造するのともまた違うこの感覚。FAガールいいよね。




 

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ksk

Author:ksk
片手剣と弓とフロムとピロウズとみん様とSFの人。
元MHF2鯖民。ネトゲはゆるゆるソロメイン。
最近は模型製作やってます。簡単フィニッシュいいよね…

投稿した動画
YOUTUBEへ
New!
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お友達
真・自由気ままに
 趣味仲間、森蔵さん。模型だったりモンハンだったり
検索フォーム
RSSリンクの表示